--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.31

この夏おすすめ読書

読書してますか?

今年の夏は蒸し暑いですが、涼しい部屋で冷たいお酒を飲みながら、冒険小説などいかが?
青空文庫で読める「無人島に生きる十六人」は須川邦彦著の実話だそうです。
仲間が一人、また一人と死んでいくような悲壮感は皆無で、読後感は爽快かつ、勇気をもらえる話です。
文庫版のイラストのとおり、無人島にはジャングルどころか、木は一本も生えていない処に16人の日本人が力を合わせて生き抜いていきます。水はどうする、食料は?薬は?最後はどうなる??? 謎はすべてこの本にある。

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)無人島に生きる十六人 (新潮文庫)
(2003/06)
須川 邦彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://babyfred.blog133.fc2.com/tb.php/10-b9dbc257
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。