2017/09/05

撮影の裏側

RIMG0005.jpg

きんべいの商品撮影はいつもこのような撮影ブースを作って行っています。

ネクタイピンのような比較的小さい物を撮影するときは一眼レフカメラではなく、マクロ撮影や望遠に優れたコンデジ(RICOH CX-5)で撮影。ライティングが撮影で最も重要なのだが、いろいろ試した結果、自然光でできるだけ撮影するようにしています。

冬場のスキマ風対策に取り付けた断熱断冷カーテン(Amazonで1300円)が、常に柔らかい光を窓から差し込むディフューザーの役割を果たしていて、かなりいい買い物をしたなと。

背景や小物類は基本的にセリアで間に合います。
レフ板もダンボールにアルミホイル(裏側)を貼って、セリアの小さなブックスタンドを少し角度をつけて曲げてから貼り付け。

まだまだ研究が足りてないですが、面白い写真を撮っていきたいな。
スポンサーサイト
2017/07/30

写真の構図

RIMG0045.jpg

ハンドメイドサイト用の宣材写真を撮影する前に、予め写真の構図をイラスト(絵コンテ)に描いておくと、カメラを構えながら悩まなくていいのでおススメ。ネクタイピンは小物なので、"引きの絵"で撮ると、スマホの画面上では判別できないから、ネクタイとの対比でサイズ感を表現するときだけ"引き"を生かすのだなぁ。

ハンドメイドサイトの写真投稿の仕様がコロコロ変わるので大変だけど、撮影を繰り返すことで、経験値が上がっているような気がするから、まぁいいや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。